「日経パソコン」は、全国の公立学校の情報化進展度を比較する「公立学校情報化ランキング 2011」をまとめた。評価項目は、パソコンやネットワークなどの環境整備の進展度を示す「インフラ整備」と、教員がICTを授業に活用したり情報モラルなどを教えたりする能力を示す「教員指導力」の2つ。小学校と中学校は市区町村ごとに、高等学校は都道府県ごとにランキングを算出した。ランキングの発表は今回で4回目。算出には、2011年3月1日時点での文部科学省の調査データを利用した。

 小学校と中学校は三重県伊賀市、高等学校は岩手県がランキングの首位となった(小学校は5校以上、中学校は3校以上ある自治体での集計)。 三重県は、小学校、中学校ともに、教員の指導力が47都道府県の中で最も高い。同県は2008年に教員向けの情報教育研修を刷新。公立の全学校の情報担当者が参加する講習会を開催し、その担当者が各校で校内研修会を実施する体制を整えるなど、教員のスキル向上に積極的に取り組んでいる。

 例年の調査結果と同様に、公立学校の情報化進展度は、自治体間で大きな格差が生じている。例えば、教員指導力を都道府県単位で比較すると、小学校では首位の三重県の87.8%に対して最下位の滋賀県は63.2%、中学校では首位の三重県の83.1%に対し最下位の奈良県は55.7%、高等学校では首位の愛媛県の95.6%に対し最下位の宮崎県は58.7%となっている。 また、インフラ整備を東京23区の中で比較すると、小学校では首位の豊島区の89.4%に対して最下位の渋谷区は32.3%、中学校では首位の豊島区の95.8%に対して最下位の大田区は44.7%となっている。


 公立小学校ランキングはこちら

 公立中学校ランキングはこちら

 公立高等学校ランキングはこちら

 公立学校都道府県別データはこちら

 情報化ランキング算出方法はこちら

 公立学校情報化ランキング 2010の結果はこちら

 公立学校情報化ランキング 2009の結果はこちら


この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら