Windowsの操作にはマウスが不可欠だと思っていませんか?実はマウスで行う操作のほとんどが、キー操作だけで実行できるのです。これを「ショートカットキー」と呼び、キーの組み合わせを覚えれば、マウスよりも速く、確実に操作できるのです。

 キーボードから手を離してマウスを持つという手間が少なくなれば、WordやExcelなどで文書を作るときの作業効率が上がること間違いなし。小さなボタンをクリックするなど、細かなマウス操作のイライラも解消します。特にタッチパッドの操作があまり得意でないノートパソコンユーザーなら効果は倍増です。この特集では、すぐに使える便利なワザを厳選しました。ぜひ試してください。

【画面ワザ】閉じる・開く・切り替えるで役立つ

ウインドウの大きさを一瞬で最大化/最小化する

 Wordの文書やExcelの表などを画面いっぱいに表示する「最大化」や、タスクバーに収容する「最小化」。「Alt」キーとスペースキーを使う方法を覚えておきましょう。ウインドウの数が多いと、右上の小さなボタンをマウスでクリックするのが面倒ですが、これならキー操作だけで済むので簡単です。

「Alt」キーを押しながらスペースキーを押すと、ウインドウの左上にメニューが表示される。最大化する場合には「X」キーを、最小化する場合は「N」キーを押す。
[画像のクリックで拡大表示]

ウインドウの大きさをキー操作だけで変更する

 ExcelやWordで作業をしているとき、ウインドウを少し拡大し、数行だけ増やして表示させたいことがあります。このとき、「Alt」キーを押しながらスペースキーを押し、「S」キーを押せば、矢印キーを押すたびに少しずつウインドウを拡大・縮小できるので便利。「Enter」キーを押すと、大きさが確定されます。

「Alt」キーを押しながらスペースキーを押し、続いて「S」キーを押す。次に矢印キーを押すと、その矢印の方向にウインドウを拡大・縮小できる(1)。「Enter」キーを押すと、大きさの変更を確定できる(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら