Excel 2010/2007では、ボタン一発で見栄えの良いグラフが瞬時に完成する(図1)。大事なのはその後だ。微調整しないと思い通りの形に仕上がらない。

 そこで、ここではグラフの作り方から、行列の入れ替えや凡例の位置変更、折れ線の追加など微調整の方法を紹介する(図2)。

図1 Excel 2010/2007では、ボタン一発で見栄えの良いグラフが完成する。作成した後に、リボンの「グラフツール」で細かい調整をすればOKだ
[画像のクリックで拡大表示]

図2 作成したグラフを選ぶと、グラフ専用のタブが現れる。そのタブから行列の入れ替えや、凡例の移動といった微調整ができる。棒グラフに折れ線を合体するワザも紹介する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら