Windows 7では、ファイルを開く操作や開いているウインドウを切り替える操作が、格段に楽になりました。これまでは何回もクリックしなければならなかったのが、1回または2回で済むのです!

起動・切り替えは「タスクバー」でわずかワンクリック!

 Windows 7では、様々な操作方法が改善されています。特に注目したいのは、画面下にある「タスクバー」です(図1)。

 まずはソフトの起動。タスクバーに並んでいるソフトのボタンを一回クリックするだけで起動できます(図2)。これは、以前のWindowsの「クイック起動」と同じような役割。起動中のソフトの表示を切り替えるときも、ボタンをクリックします。

 また、7のタスクバーは、XPやVistaのようにソフトやファイルの名前は表示されません。しかし、マウスポインターを合わせて縮小画面を出すと、内容を確認できます(図3)。縮小画面を一回クリックすると、そのウインドウが表示されます。

 よく使うソフトは、タスクバーにボタンを追加しましょう(図4~図10)。「スタート」メニューを開くことなく、タスクバーからソフトを起動できます。

図1 ソフトのボタンをクリックすると起動する。XPやVistaの「クイック起動」に似ているが、起動だけでなく、ウインドウの表示の切り替えにも使える。また、ボタンにマウスポインターを合わせると、ウインドウの内容を縮小画面で確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ソフトを起動

図2 タスクバーのソフトのボタンをクリックすると、そのソフトが起動する。
[画像のクリックで拡大表示]

目的のウインドウを一番手前に表示

図3 起動しているソフトのボタンにマウスポインターを合わせると(1)、開いているウインドウの数だけ縮小画面が現れる。目的の縮小画面をクリックするとウインドウを切り替えられる(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら