Windowsフォトギャラリーで基本的な画像編集ができるようになると「もうワンランク上の画像を作ってみたい」と思う人もいるだろう。そんな人は、GIMP(ギンプ)というフリーソフトを使ってみよう。ダウンロードやインストールの方法は、通常のフリーソフトと同様(図1~図4)。

 GIMPはXPにも対応。特筆すべき点は、その高機能ぶりだ。実売10万円前後の「Photoshop」という画像編集ソフトがあるが、GIMPの持つ機能は、Photoshopに引けを取らない[注1]。

 一般のユーザーにとって、画像編集ソフトは、あまりなじみがないものだろう。ましてや高機能ソフトとなれば「操作がかなり難しいのでは?」と気後れしがちだ。

 確かにすべての機能を十分使いこなすのは、プロでもない限り至難の業だ。しかし中には、ごく簡単にできる操作で、驚くほど効果的なものが数多くある。どうせ無料のソフトなのだから、とりあえず入手しておいて、簡単で効果的な編集からやってみよう。

図1 GIMPの最新バージョン(ver.2.6.11)は上記のサイトからダウンロード。右のファイルを保存した後、ダブルクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 するとセットアップ画面が現れるので「Next」を押す。次に現れるライセンスに関する注意書きの画面も、同様に「Next」を押して次に進む
[画像のクリックで拡大表示]

図3 この画面で「Install now」をクリックするとインストールがスタート。下はカスタマイズする時用のボタンだ
[画像のクリックで拡大表示]

図4 インストールが完了すると上の画面が現れるので「Finish」を押す。このとき「Launch GIMP」欄にチェックを入れておけば、そのままGIMPが起動し始め、左の画面が現れる
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]GIMPはJPEG、BMP、TIFF、PNGなど30以上の画像形式に対応している。フォトショップで使われる、複数のレイヤーを管理するPSDフォーマットにも対応

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら