DVD1枚なら980円、中小ならではのサービスも

 こうした大手のサービスと一線を画しているのが、中小のダビング業者だ。マンションの一室などで作業しているケースも多い。インターネットで「VHS」「DVD」「ダビング」といったキーワードを組み合わせて検索すると、たくさんの業者が見つかる(図16)。

図16 インターネットで「DVD VHS ダビング」といったキーワードで検索すると、日本中のダビング業者が表示される。東京・池袋にあるダビングスタジオは、「最安値980円/1本120分」を売りにしている[注5]
[画像のクリックで拡大表示]

 ここではその中の1つ、東京・池袋にあるダビングスタジオを取材した(図17)。同社は、ダビング料金が1本120分980円という破格の安さが売りだ。

図17 ダビングスタジオは、マンションの一室で、受け付けからダビング作業までしている。テープは持ち込みのほか、配送での受け付けも多い。料金は5割ほど割高になるが、当日仕上げも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 一般に、中小の業者は、小規模なだけに小回りが利く。即日仕上げも可能。一方で、大手のようなカビ取り作業まではできない。

 目次画面の作成や、ディスクの盤面印刷も可能だ(図18)。ただし利用する場合は、それぞれ追加料金が掛かるので注意しよう。

図18 チャプター付きの目次画面や盤面印刷も可能。チャプターの指定は100円(定時チャプター)、ラベル印刷は250円だ。「ビデオの背ラベルの文字をすべて、DVDの盤面に印刷する」といった細かい注文にも対応するという
[画像のクリックで拡大表示]

[注5]ダビングスタジオの問い合わせ先はTEL(03)6914-0930

出典:日経PC21 2011年2月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら