普段の仕事で使うなら、やっぱりMS-IMEがいい。その最新版が「マイクロソフトオフィスIME 2010」(以下MS-IME2010)。Office 2010に付属する製品だが、6月から同社オフィスソフトのユーザーなら無償で利用できるようになった[注]。

 IME 2007と比べると、変換速度が約2倍になり、精度も向上(図1、図2)。直前に確定した文字を再度入力すると第1候補に現れるようになった。変換中の言葉をウェブ検索できる新機能もなかなかの魅力だ。

図1 Office 2010に付属するマイクロソフトの最新IMEが6月から無償配布されている。Office 2007以前のユーザーも利用可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

図2 主に3つほど。無料なのだから試してみる価値は十分にある
[画像のクリックで拡大表示]

[注]MS-IME 2010を利用する権利があるのは、Office XP、Office 2003、Office 2007、Office 2010のユーザーのみ

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら