外付けBluetoothキーボードを使えばiPhoneがパソコンに匹敵する入力性に!

 iPhoneでは、高速に入力するための「フリック入力」が用意されているが、パソコンに慣れている人には、やや取っつきづらいだろう。しかしiPhoneの小さな画面では、表示されるスクリーンキーボードもそれなりのサイズにしかならない。

 iPhoneで長文のメールやちょっとしたレポートを入力したい人は、外付けキーボードの購入がベストだ。基本的には、Bluetoothに対応したキーボードはほとんどが利用できる。Bluetoothキーボードは、iPhone 4と、iOS 4へアップデートしたiPhone 3GSで使用可能だ。キーボードの配列によっては、括弧などのキーが表示と違ってしまうが、慣れればさほど困らないだろう。気になるようならiPhoneへの対応をうたっている製品を選び、キーの割り当てを確認して購入するとよい。もちろん、アップルの純正キーボードも利用できる。

折りたたみ式キーボード

このキーボードは、携帯電話用のモデル(RBK-2000BTII、REUDO)で、ほぼ同様の製品でいくつかバリエーションがある。価格は9800円とやや割高に感じるが、iPhoneにはベストマッチだ。
[画像のクリックで拡大表示]

折りたたむと気軽に持ち運べる
折りたたむとサイズは約半分になり、iPhoneと一緒にかばんに入れても全く負担のないサイズに収まる。上の写真のように、iPhoneを置くスタンドもキーボードに内蔵されており、外出先での使いやすさは抜群だ。

アップルの純正キーボード

アップルの純正Bluetoothキーボード「Apple Wireless Keyboard」(6800円)も、もちろん利用できる。Macと両方での利用も可能だが、ペアリングは原則的に1対1になるので、切り替えはかなり面倒になる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら