パソコンの上級者ともなると、初中級者には感じられない細かな部分にも不満を抱くことがある。ここでは、そんな上級者に向けた高度な使い勝手改善ワザを紹介しよう。

 XPを経験したWindows 7ユーザーが戸惑いやすいのはフォルダー構造の違いだろう。「スタートアップ」や「送る」などの特殊なフォルダーが、XPであればシステムドライブの「Documents and Settings\<ユーザー名>」直下に収められていたが、Windows 7では「users」内の深い階層下に移された。しかし、このようにアクセスしづらい場所でも、検索ボックスで「shell」コマンドを使うと簡単に開ける(図1)。「送る」フォルダーにプログラムを登録する際などは大変役立つ。

【Windows 7の特殊フォルダーに素早くアクセスする】
図1 「shell」コマンドを使うと、スタートメニューや「送る」など深い階層にある特殊フォルダーに簡単にアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]

【「shell」コマンドでアクセスできる主な場所】

 些細ではあるが、ショートカットアイコン作成時に付けられる「-ショートカット」の表記も気になる仕様だ(図2)。親切機能なのだが、ファイル名が長くなることを嫌い、表記をわざわざ消すユーザーも多い。レジストリエディタで設定を書き換えると、ショートカットアイコン作成時に表記が付かなくなる(図3)。

【ショートカットアイコンの表記をすっきりさせる】
図2 ショートカットアイコンの名前に付く「-ショートカット」の表記は、レジストリで設定すれば消去できる

図3 スタートメニューの検索ボックスで「regedit」と入力。右図の場所を開き、「link」という項目をダブルクリック。赤枠の部分を「00」と書き換えて「OK」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら