最新版であるWindows 7では、開発に当たりユーザーの意見を積極的に取り入れ、操作性の向上に努めたという。従来のWindowsに比べて、操作機能が充実しているのはこのためだ。しかしながら、新OSに不慣れなユーザーだと「新機能が使いこなせない」「以前の方が使いやすかった」と感じることもある。ここでは、Windows 7をより使いやすくするための便利ワザを紹介する。

Windows 7をより便利に

 Windows 7の目玉機能の1つが「ジャンプリスト」である。タスクバーを右クリックすると表示され、過去に使用したファイルを一覧できる。少し前に使ったファイルを素早く開けて便利なのだが、標準では表示できるファイルの数が10個まで(図1)。履歴が10個を超えると古い順に消去されるため、ファイルの更新日が古いとジャンプリストから開けなくなる。ジャンプリストの表示数は、スタートメニューの「プロパティ」から呼び出せるカスタマイズ画面で変更可能だ(図2)。ただし、表示数をあまり多くすると目的のファイルを探すのが面倒になる。20個程度が適当だろう。

【ジャンプリストの表示数を増やす】
図1 Windows 7のジャンプリストは、標準だと一度に表示できるファイルの数が10個までだが、設定で増やすことも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

図2 ジャンプリストの表示数は、スタートメニューの右クリックメニューで「プロパティ」を選び、「[スタート]メニュー」タブにある「カスタマイズ」ボタンをクリックすると開くカスタマイズ画面で設定する

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら