アウトルック・エクスプレス(OE)の弱点を克服するだけなら、ライブ・メールを導入すれば事足りる。しかし、プラスアルファの使い勝手を求めるなら、メール管理を「Gメール」に完全移行する、という選択肢が浮上する

 ご存じの通りGメールは、グーグルが提供しているウェブメールサービスだ。ユーザー登録すると、「ユーザー名@gmail.com」のメールアドレスが発行され、7GBを超える容量の受信ボックスが無料で使える。これなら、何年分のメールも楽々保存できる。検索大手グーグルのサービスだけあって、メール検索は超高速で、迷惑メール対策も完璧だ(図1)。

図1 Gメールを使うと、アウトルック・エクスプレス(OE)の数々の問題がすっきり解決する。そればかりか、複数のパソコンや携帯電話でメールが使えるなど、これまでとは格段に違う快適さが手に入る
[画像のクリックで拡大表示]

すべてのメールアドレスをGメールで一元管理

 しかし、「メールアドレスが変わるのは困る。それに、これまでに受信した何年分ものメールを移行できないのも不便」という人も多いだろう。だが、安心してほしい。

 相手にメールアドレスの変更を伝える必要はない。最初に一工夫すれば、相手は従来通りのプロバイダーのメールアドレスとやり取りでき、こちらはGメールで受信、送信することが可能だ。また、これまでにOEで受信した膨大なメールもGメールに取り込める。

 さらに、Gメールならではの付加価値もある。Gメールはウェブメールなので、出先のパソコンや携帯電話からも使える。その上、プロバイダー、会社など、複数のアドレスを使い分けている場合、これらのメールをすべてGメールの受信トレイに集約できる。つまり、どのパソコンからでも、手持ちのすべてのアドレスのメールを同じ環境で操作できるのだ。

 Gメールの環境には5ステップで移行する。一見面倒そうだが、それぞれの作業で難しいところはない(図2)。1つひとつ進めていけば必ず移行できる。さっそく取りかかろう。

図2 Gメールは、ユーザー情報を登録するだけで、すぐに使えるようになる。今回は既存のメールを取り込むなど、一歩進んだ使い方に挑戦するが、この順番で設定を進めれば迷うことはない
[画像のクリックで拡大表示]

OEで受信済みのメールをGメールにアップロード

 まずは、Gメールのウェブページで、ユーザー登録を済ませる。すぐに、新しいメールアドレスが発行される(図3、図4)。

図3 まずは、グーグルアカウントを作成しよう。Gメールのログインページを開き、「アカウントを作成する」を押す。既に作成済みなら、IDとパスワードを入れてログインして、図6へ進む
[画像のクリックで拡大表示]

図4 名前、希望するユーザーIDとパスワード、現在利用しているメールアドレスなどを入力して登録を済ませる。次の画面で「メールボックスを開く」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら