Eメールを使い始めて10数年。膨大なメールがパソコンに溜まっている。これはもう、かけがえのない人生の記録、財産だ。

 この大切なデータを、「アウトルック・エクスプレス」(OE)で管理している人も多いだろう。OEはウィンドウズ標準だったこともあり、最も気軽に使えるメールソフトとして広く使われてきた。

 だがそろそろ、OEを卒業してもいい時期だ(図1、図2)。

図1 これまで長年お世話になった「アウトルック・エクスプレス」。今なお使い続けている人も多いだろう。しかし、扱うメールの量が増え続ける中、機能面での限界が迫っている
[画像のクリックで拡大表示]

図2 OEは、受信トレイで2GBまでしか管理できない。さらに検索が遅い、迷惑メール対策がないなど欠点が多い
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜなら、OEでは致命的な限界があり、受信トレイが2GBに達すると管理しきれないのだ。この2GBという数字は決して大きいものではない。仕事でヘビーに使っていたら2~3年で軽く超えてしまう。

 これまで数年~10数年もの間に送受信した膨大なメールが、ある日突然見えなくなってしまう─。そんな事態が明日にも起こるかもしれない。

 さらに、OEは、検索が遅い、迷惑メール対策機能がないなど、機能面でも時代遅れになっている。開発元のマイクロソフトは、OEの更新を既に停止しており、「ウィンドウズ・ライブ・メール」という次世代のソフトに注力している。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら