仕事先から送られてきた文書に目を通し、問題点は赤ペンで修正を入れる─。仕事をしていれば、このようなやり取りは日常茶飯事だ。以前なら、紙の書類をファクスでやり取りすることが多かったが、最近ではPDF形式の書類をメールで送る機会が増えた。

 しかし、せっかくPDFを使っているのに、PDFを印刷してその印刷物をペンで添削している人が多いのではないだろうか。

 紙にペンで書き込むから、相手に返信するにはファクスを使わざるを得ない。これでは、せっかくのPDFの良さが生かしきれない。ファクスで相手に送った文書は、解像度が低くて見にくいし、白黒なので赤ペンで添削しても添削個所が分かりにくい。相手にきちんと届いたかも不安になる。

 これらの問題は、パソコン上で直接PDFに修正指示を書き込んで、そのまま相手にメールで送ればすべて解決する(図1)。一連の作業をすべてパソコン上でこなせるので手間要らず。添削個所も分かりやすく、「達筆の文字で判読できない」といった苦労もなくなる。仕事の効率が格段にアップすること間違いなしだ。

図1 PDFにパソコン上で直接文字や図形を書き込めると、文書の添削作業が大幅に効率アップする。修正個所が分かりやすく、指示を正しく伝えられる。ファクス不要で通信コストもかからず、余計な紙も発生しない。書き込みはフリーソフトで実現できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら