Windows 7には、文書や写真などのファイルを簡単にバックアップする機能が標準で備わっています。

 ただ、Windows Liveメールのデータは、様々なソフトの設定情報が収められた特殊なフォルダーに保存されているため、仕様上、復元することができません。このフォルダーを復元すると、ソフトの動作に支障が起きる可能性があるため、復元の対象外になっているのです(図1)。

7でバックアップしたメールのデータが復元されない
図1 7のバックアップ機能を使うには、「スタート」→「コントロールパネル」とクリックし、「バックアップの作成」を選ぶ。バックアップしたデータの復元もここからできるが、Windows Liveメールのデータは復元されない。復元時に、「ファイルの復元の完了」の画面で「ログファイルの表示」をクリックすると、上のようなメッセージが表示される。

  メールをバックアップするときは、Windows Liveメールの「エクスポート」と「インポート」という機能を使うことをお勧めします。まず、「エクスポート」で、メールのデータをバックアップします(図2)。保存先は何も入っていないフォルダーに限られるので、新たに作るといいでしょう(図3)。

「エクスポート」機能でバックアップ
図2 Windows Liveメールでメニューバーが表示されていない場合は、キーボードの「Alt」キーを押す。「ファイル」→「エクスポート」→「メッセージ」とクリック。次の画面で「Microsoft Windows Liveメール」を選んで、「次へ」をクリック。

図3 「メッセージの場所」の画面で「参照」をクリック。上図でメールを保存するフォルダーを指定する。ファイルが入ったフォルダーは指定できないので、外付けハードディスクなどに新しいフォルダーを作ってこれを指定し(1)(2)、「OK」をクリック(3)。後は画面の指示に従う。

 「エクスポート」で保存したメールは、「インポート」という作業で復元できます(図4~図6)。復元されたメールは、「インポートされたフォルダー」という新しい場所に分類されます(図7)。必要なメールは「受信トレイ」などにドラグして移してください。

バックアップしたデータを「インポート」で復元する
図4 Windows Liveメールで「ファイル」→「インポート」→「メッセージ」とクリック。

図5 「Windows Liveメール」を選んで(1)、「次へ」をクリック(2)。次の画面で「参照」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図6 図3 で指定したメールのバックアップ先を指定して(1)、「OK」をクリックする(2)。後は画面の指示に従って進む。

図7 「保存フォルダー」以下に「インポートされたフォルダー」という項目が作られ、ここにメールが復元される。メールをドラグ・アンド・ドロップすれば、「受信トレイ」などに自由に移せる。

(協力:コンシューマーWindows本部 シニアプロダクトマネージャー 溝口 宗太郎氏)

出典:日経PCビギナーズ 2010年7月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。