XPから7に移行すると、最初のうちは必ず戸惑うことになる。XPでは手慣れた操作が、7では通用しないことが多いからだ。

 そんな操作のつまずきは一刻も早く解消し、7流の操作を身に付けたい。そこで、ここでは特に戸惑いがちな場面での7流操作を紹介する。

 もう少し具体的に、7ではどこが変わったのかを見てみよう(図1)。まず、スタートメニューからソフトを起動する場合、XPでは、プログラムフォルダを開くと、メニューは右へ右へと開いていく。これが7では、プログラムフォルダを開くと、縦方向にフォルダ内のアイコンが現れる。

図1 7では、よくやる操作が大きく変わった。目に付くところでは、スタートメニューの開き方(上図)や、「最近使ったファイル」の表示(中図)、フォルダ表示を切り替える方法(下図)など。7流のやり方をあらかじめ頭に入れておけば、操作の違いにイライラさせられることはない
[画像のクリックで拡大表示]

 「最近使ったファイル」はなくなった。XPでは、便利に使っていた人も多いだろう。でも、ご安心を。7ではソフトごとに最近使ったファイルを分類して管理している。ソフト名の右側にある三角マークを押すと、最近使ったファイルが現れる。ソフト別の一覧表示なので、ファイルも探しやすい。

 フォルダの操作でも、すぐ上のフォルダに移動するボタンが、7では姿を消した。その代わり、アドレスバーのボタンを押せば、すぐ上だけでなく、もっと上のフォルダにも、一発で移動できる。

 このように、7流が身に付けばもっと便利にパソコンを使えるようになる。あらかじめ、ここで紹介する“正しい作法”が頭に入っていれば、いちいちイライラすることもないはずだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら