新しいOSに乗り換えるときに一番心配なのが、手持ちのソフトや周辺機器が動作するかどうか(図1)。

図1 Windows 7に乗り換える際に一番心配なのが、手持ちのソフトや周辺機器が動くかどうか。この特集では、XP用のソフトや周辺機器が7パソコンで動作しなかった場合の解決策を紹介する
[画像のクリックで拡大表示]

 基本的にVistaで動くソフトや周辺機器は、7でも動作する。7とVistaは、OSの中心となる「カーネル」が同じで、互換性が高いからだ(図2)。問題はXP用の製品。XPは7やVistaとカーネルが違うため、互換性が低い。このためXP用の製品の中には、7で動作しないものがある。

 だが心配は無用。7ではXP用の製品を動かすための互換機能がいくつか用意されている。このパートでは、古いソフトや周辺機器を7で動くようにする方法を紹介しよう。

図2 7とVistaはOSの中核ソフト「カーネル」が同じため、互換性が高い。XPは、7とカーネルが違うため互換性が低く、一部の製品が動かない

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら