Windows 7は、Vistaよりも軽快に動作するし、使い勝手も上々だ。Vistaをパスして待っていたXPユーザーも安心して乗り換えられるOSだ。

 ところが、いざ7に乗り換えてみると意外な落とし穴が2つあることに気が付くはずだ。どちらも「互換性」にまつわる問題だ(図1)。

 1つ目は、アプリケーションソフトや周辺機器のドライバーソフトの互換性。XPで使っていた製品が7では動作しない可能性があるのだ。でも、ご安心あれ。7にはソフトの互換性を解決する機能が用意されている。

 2つ目は、操作の互換性。XPで慣れた操作手順が7に通用せず、途方に暮れることになる。だが操作については7流に慣れるしかない。ここでは、よく使う機能で、変わったポイントを、違いも含めてわかりやすく紹介しよう。

図1 動作が軽快で使いやすいと評判のWindows 7だが、特にXPから移行したユーザーには、思わぬ落とし穴が潜んでいる。1つは、XP用の周辺機器のドライバーやソフトが、7では動作しないこと。もう1つは、7では基本的な操作が変わり、手になじんだ“XP流”が通用しないことだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら