Excelでデータが入っているセルの個数を数える方法はいくつかあります。ここでは簡単な2つの方法を紹介しましょう。画面はExcel 2003ですが、Excel 2007にも同様の機能があります。

 まず最初は、数値のみ入っているセルを数える方法(図1)。この場合、「COUNT(カウント)」という関数を使います。計算結果を入力したいセルを選択します。そして、「Σ(オートSUM)」→「データの個数」を選択。数えたいセルをドラッグなどで選択すると、当該セルに「=COUNT(C:C)」などと入力されます。これは「C列全体を数える」という意味です。こうすると、数値の入ったセルの個数を計算してくれます。COUNTは文字やデータが入ったセルは数えないので、例えば図1であれば、C列全体を選んでも、「年齢」という文字が入ったセルは数えません。

【数値が入っているセルの計算は「データの個数」】
図1 「Σ(オートSUM)」ボタンの「▼」を押すと出てくる「データの個数」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

ここでは「年齢」に数値が入っているセルを数える。C列全体を選択すると、「=COUNT(C:C)」となった。[Enter]を 押すと、指定したセルに計算した数値が入る

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら