人に読ませる文書を作成中に、難しい漢字が出てきた場合、振り仮名(ルビ)を付けておくと親切です。

 Word2003でルビを付けるには、ルビを付けたい漢字を選択して、書式メニューから「拡張書式」→「ルビ」とたどります(図1)。もしくは、ツールボタンの「ルビ」ボタンを押します。

【漢字にルビを付けるには「拡張書式」】
図1 漢字には振り仮名(ルビ)を付けられる。まずは漢字を選択して、書式メニューから「拡張書式」→「ルビ」とたどる
[画像のクリックで拡大表示]

 図2のルビ画面が出たら、「ルビ」の項目に振り仮名を入力して「OK」を押します。あらかじめルビの項目に振り仮名が入っていることもあります。ルビの設定が終わると、漢字の上にルビが付きます(図3)。

図2 ルビ画面が出たら「ルビ」の項目に振り仮名を入力して「OK」を押すだけ

図3 漢字の上にルビが付く

 Word2007の場合は、漢字を選択したら「ホーム」タブの「フォント」部分にある「ルビ」ボタンか、文字を選択したときに表示する「ミニツールバー」の中にある「ルビ」ボタンをクリックします。すると図2と同様の画面が現れ、ルビを付けることができます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら