Internet Explorer(IE)などのWebブラウザーには、Webサイトで入力したユーザーIDとパスワードを記憶(保存)する機能があります。一度記憶させれば、同じサイトにアクセスした際には、パスワードが自動的に入力されるようになります。

 パスワード入力の手間が省けると共に、パスワードを覚えておく必要がないので便利です。ただし、同じパソコン(アカウント)を複数のユーザーで使用している場合や、誰でも利用可能なパソコンを使う場合には、記憶させないようにしましょう。悪用される恐れがあります。

 自分専用のパソコンであっても、パソコンから離れたすきに悪用される危険性があるので、重要なパスワードは記憶させておかない方が、セキュリティ上は、望ましいといえるでしょう。記憶させている場合には、消去した方が安全です。

 パスワードを記憶できるWebブラウザーには、消去する機能も備わっています。例えばIE7では、「ツール」の「閲覧の履歴の削除」から消去できます(図1)。なお、他人や共用のパソコンを使った後には、「すべて削除」を選んで、履歴なども同時に削除することをお勧めします。

【記憶させたパスワードを忘れさせる】
図1 記憶させたパスワードは、Webブラウザーの設定画面から消去できる。IE7では、「ツール」メニューの「閲覧の履歴の削除」を選択し、「パスワードの削除」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

図2 Firefoxでは、「ツール」メニューから「プライバシー情報の消去」を選択し、「保存されているパスワード」にチェックを入れて「今すぐ消去」を押せば消去できる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら