作表機能は、データを整理して見せたいときに欠かせないもの。ツールバーの「表の挿入」ボタンを押して、必要な行数と列数分のマス目をドラグすれば難なく作成できる。できた表の縦罫線も、ドラグするだけで簡単に動かせる。ところが、その列幅の調整が意外と難しく、手間取ることが多い。

 縦罫線をドラグすると、動くのはドラグした罫線1本だけで、他は動かない。そのため、罫線を右にドラグして1列目を広げると、その分のしわ寄せで2列目が狭くなる(図1)。これでは、2列目、3列目…と、1列ずつ順に調整する羽目になり面倒だ。

図1 1列目の文字数が収まるように、横幅を広げた。すると、そのしわ寄せを受け、右隣の列幅が狭くなった。よく見ると表全体の横幅は変わっていない。どこかを増やすと、どこかが減るわけだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら