これまで日経PC21では再三にわたって、スキャナーで雑誌の記事を取り込み、それを“電子スクラップ”として保存する方法を紹介してきた。しかし、読者からは「読み取り作業が意外と面倒」「これでは長く続かない」といった声も多数寄せられた。

 そこで今回は、もっと簡単に読み取れる方法を紹介しよう。従来の1ページずつ切り取ってスキャンする従来の方法から発想を変え、ドキュメントスキャナーで1冊丸ごとPDFに変換するのだ。必要なページを抜き出す手間がない分、このほうが作業は簡単。

 PDF化しておけば、後からキーワード検索で読みたいページをすぐに探せる。150ページの雑誌をPDF化しても、容量は70メガバイト程度。DVD-R1枚に60冊以上は楽に入る(図1)。

図1 なかなか捨てられず、溜まる一方の雑誌。裁断機で一気にバラバラにして、ドキュメントスキャナーで丸ごとPDF化してしまおう。キーワードで自在に検索でき、雑誌の山を一掃できる
[画像のクリックで拡大表示]

強力裁断機なら一瞬で“解体”、雑誌をバラバラに裁断できる

 今回の特集に使ったのは、数冊分の雑誌を丸ごと一気に解体できる強力裁断機。「大型ペーパーカッター」と呼ばれるものだ(図2)[注1]。雑誌をセットし、レバーを1回下ろすだけで楽々裁断できる(図3)。

 なお、雑誌の製本方法には、中央部分を針金で留めた「中とじ」と、針を使わずノリで貼り付けた「無線とじ」がある(図4)。中とじの雑誌を裁断する場合、針が裁断機の刃に当たると刃を傷める恐れがあるので、あらかじめ針を外しておこう(図5)。

図2 強力な裁断機を使えば、簡単に雑誌を丸ごと解体できる。今回は、1度に400枚以上の用紙をカットできる「大型ペーパーカッター」を使用した[注1]

図3 レバーを1度下ろすだけで、あっという間に解体できた。端がつながったままのページが残っているとスキャン時に紙詰まりが起きるので、よく確認しておこう

[注1]「大型ペーパーカッター」は、アマゾン楽天市場などで購入できる。実売価格は1万1000~1万5000円前後。使用前に、刃のさび止め油をふき取り、何度か試し切りをしよう

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら