大切なデータをバックアップしてあれば、万一パソコンが動かなくなっても安心。バックアップ先にはDVD-Rを使っている人も多いはず。でも、外付けHDDを使いましょう。DVDのように記録時間がかからないうえ、何枚にも分かれて保存されないので、とても楽です。

 特にお勧めなのは、面倒なバックアップ作業の自動化。これは、外付けHDDとフリーソフト「ブンバックアップ」を使って実現できます(図1、図2)。

 ここでは、「マイドキュメント」を外付けHDDに自動でバックアップする方法を紹介します。データの保存場所には注意。事前に外付けHDDにフォルダを作り、そこにコピーできるようにします(図3~図9)。自動バックアップする間隔も自由に決められます。1日1回、パソコンを起動している時間を選ぶのがポイントです(図10~図12)。

1、フリーソフトをインストールする
 

【ここで使ったソフト】
ブンバックアップ 作者:Nagatsuki 氏

http://homepage3.nifty.com/nagatsuki/bunbackup/bunbackup.htm
Windows:XP、Vista
図1 URLを入力してブンバックアップのホームページを開いたら、「BunBackup ダウンロード」をクリックする。
図2 必ず「インストーラ付き」と書かれた「ダウンロード」の項目をクリック。ファイルをパソコンに保存して、インストールする。[注1]
[注1]現在は最新版がリリースされています。今回紹介したバックアップ方法は、同じ手順で使えます。 

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら