私たちは日々たくさんの書籍とすれ違う。通勤中の楽しみとして読み進めている小説、立ち寄った書店で偶然出会った気になるビジネス書、新聞の書評欄を見て読んでおきたいと感じた新刊など、さまざまある。

 書籍に関してよくありがちなのが、次のようなシーンだ。「未購入だと思って買ったら実は購入済み。本棚で発見してがっくり」「前に読んだ本に書いてあったはずのくだりをもう一度読みたい。本棚を探したが、結局どの本か分からず断念」。

 読書愛好家なら、こうした場面に遭遇しないように一工夫しているかもしれない。自前の蔵書リストや読書感想ノートを作ったり、こだわりの本棚整理法を考案したり─。手間暇かけた管理術を実践することで、読書ライフを堪能しているわけだ。

 残念ながら、一般の読者はおいそれとまねはできない。しかし、デジタルの力を借りれば道は開ける。パソコンやインターネットを駆使することで、効率的に書籍を管理できるようになるためだ。といってもExcelを使った管理術を提案するのではない。蔵書や本棚のデータを1つひとつ入力するなどといった、しち面倒くさいことはしない(図1)。

【Excelを使って管理するか?しかし、手間の割に報われない】
図1 大量の情報を入力して管理する場合、真っ先に思い付くのはExcelの活用だ。しかし、入力作業は大変な割に、感想文などが読みやすいとは言えない。書店など外出先で参照もできず、有効活用しにくい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら