Windowsは、利用者に合わせて使い勝手を変えられる機能を備えています。コントロールパネルはその代表ですが、隠れた機能がほかにもたくさんあるのです。

 例えば、ハードディスクのメンテナンス。最適化や不要なファイルの削除を普段からやっているという人も、すべての機能を使い切っているわけではないかもしれません。例えば、メンテナンスを自動化したり、ハードディスクのトラブルの原因を取り除いてくれる機能は、便利なのにあまり使われていません。

 Windowsだけでデジカメ写真や音楽をグンと楽しめる機能もあります。写真をBGMに乗せて動画のように見せたり、音質を良くしたり、使えばすぐに満足できる機能です。

 この特集で紹介する機能を覚えて、Windowsを思う存分使い切りましょう!

システムツールの“正しい”使い方

 「ディスククリーンアップ」や「デフラグ」は、本誌でもよく紹介する定番のお手入れ機能です。「システムツール」と呼ばれるこれらの機能の、一歩先行く“正しい”&“便利”な使い方を伝授しましょう。お手入れの効果が確実にアップします。

 パソコンを快調に使い続けるためには、ハードディスク(HDD)に問題がないかチェックしたり、無駄にたまった不要なファイルをお掃除したりといった“お手入れ”が欠かせません。

 Windowsでは、このような機能を「システムツール」と呼び、HDDのプロパティや(図1)、ソフトの一覧の中にある「システムツール」欄にまとめられています(図2)。とはいっても、自分でこまめに実行するのは大変で、やみくもに試しても効果は望めません。ここでは作業の省力化や、その効果を大幅にアップさせる極意を紹介します。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら