ブックマークレットは、通常URLを登録するWebブラウザーの「ブックマーク(お気に入り)」欄に、Webページの閲覧を便利にする機能を登録できる特殊なブックマークです。登録したブックマークレットをクリックすることで、Webページを拡大したり自動翻訳サービスで翻訳したりといったことができるようになります(図1、図2)。

【Web閲覧が便利になるプログラムをお気に入りから実行できる】
図1 ブックマークレットは、JavaScriptで記述された小さなプログラムをWebブラウザーの「ブックマーク(お気に入り)」から実行できるもの。例えば「拡大」というブックマークレットをクリックすると、画面を30%ずつ拡大表示する。ページを更新すれば元の大きさに戻る
[画像のクリックで拡大表示]

図2 Webページを翻訳するブックマークレットもある。わざわざ翻訳ページを開かなくても、ブックマークレットをクリックするだけで翻訳できるので便利だ
[画像のクリックで拡大表示]

 いちいちメニューを呼び出したり、Webサービスへアクセスしたりしなくても、現在表示しているWebページに対して直接いろいろな操作ができるのが特徴です。

 ブックマークレットの中身は、通常、JavaScriptと呼ぶ小さなプログラムです。ブックマークレットをクリックすると別のWebページにジャンプするのではなく、JavaScriptのプログラムが起動する仕組みです。プログラミングの知識があれば、自分でブックマークレットを作ることも可能です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら