1台PCを組んだら、余ったパーツでもう1台作れる。手元にWindows 2000 Professionalのライセンスがあるけれど、昔のOSだから軽快に動きそう。近ごろのパーツで動作する?

 最新パーツを使用したPCを用意し、Windows 2000 Professionalをインストールしてみた。パーツ構成は下の通り。Core i7にIntel X58チップセットのマザーボード、SSD、GeForce 9600 GT、記録型Blu-ray Discドライブを組み合わせた。ところが、この構成だと、Windows 2000のセットアップの途中で必ず止まってしまった。BIOSの設定やパーツ構成をいろいろと変えたが問題は解決しなかった。

Windows 2000を最新パーツ構成で動かすために、Core i7を搭載したPCを用意した。Windows 2000のセットアップを実行したところ、途中で必ずハングアップ。BIOSの設定やパーツ構成を色々と変えてみたが、症状は変わらず原因が分からなかった。そのため、この構成はあきらめた。
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、Core i7の構成をあきらめ、CPUをCore 2 Quad Q9650、マザーボードを「P5Q Deluxe」、メモリーをDDR2-800 2GB×2枚に変更して、再びインストールをしてみた。すると、今度は途中で停止せず、最後まで無事にインストールが完了した(下の画面)。

Core i7のパーツ構成からマザーボードとCPU、メモリーを変更して、再びWindows 2000のインストールを試みた。この構成では問題なくインストールが完了した。
Windows 2000 Professionalをインストールした直後の画面。グラフィックスボードのドライバーが組み込まれておらず、デスクトップの解像度が640×480ドット、16色表示になった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら