Googleで便利なのは地図だけではありません。ニュースやメール、動画まで、毎日使えるサービスがたくさんあります。知っているようで知らないその魅力をお伝えします。

多様な媒体から効率良くニュースをチェック

Googleニュース

 「Googleニュース」は、多様な配信元からの報道記事を、まとめて掲載しているページです。このページの便利な点は3つあります。まず、検索欄に注目。「定額給付金」などとキーワードを入力して記事を絞り込めます。同じ話題で全国紙から地方紙まで、横断的に記事を読むことができます。

図A(左上) 最も注目されているニュースが一番上に表示される。「政治」や「文化・芸能」などのジャンルを画面左の一覧から選ぶと、そのジャンルの記事の見出しが表示される。
図B(右下) ページの下部には、ジャンル別のニュース一覧を表示。この部分は、自分の興味に合わせて、配置を変えたり、新しい話題の一覧を追加したりできる。[注]
[画像のクリックで拡大表示]

[注]ログインしてからカスタマイズすると、ほかのパソコンでも同じニュースの画面を開けるようになります。ログイン方法はつ前々回の記事の図Bを参照してください

※本特集記事に掲載されている情報は2009年3月2日時点のものです。その後サービスが変更されている場合もありますのでご注意ください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら