迷惑メールを本気で止めたいなら、自分が入会している「プロバイダー」のサービスを利用するのが一番。迷惑メールが社会問題化する中、ほとんどのプロバイダーが迷惑メールを排除する対策サービスを提供しています。

 こんなことができるのは、私たちがメールソフトで読んでいるメールが、仕組上一度プロバイダーのコンピューターに届くようになっているから。しかも、サービスはほとんどが無料なので、使わない手はありません。

 紛らわしいメールがどんな扱いになるか気になるところですが、迷惑メール扱いにならないようにする機能(ホワイトリスト)や、特定の相手からのメールを受け取らない機能(ブラックリスト)もあるので安心です。

プロバイダーで撃退するのが一番!

 迷惑メールの処理の仕方により、プロバイダーの対策サービスは大きく2つに分けられます。

 1つは「お知らせ型」。このサービスは迷惑メールに“目印”が付いて届くタイプです。これなら、正しいメールとの違いが一目でわかるようになります。

 もう1つは「お預かり型」。こちらは、迷惑メールをプロバイダー側で隔離するタイプです。件名だけでも不快な迷惑メールを見なくて済みます。

 プロバイダーのほとんどが両方のサービスを提供していますが、片方が有料のこともあります。まずは、無料のものから始めてみるといいでしょう。

[画像のクリックで拡大表示]
主なプロバイダーの迷惑メール対策サービス
どちらかのサービスを選択できるプロバイダーが増えている。自分のプロバイダーのホームページで確認しよう。[注]
[注]無料でアドレスを取得できるフリーメールは、対象にしていません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら