最初にご覧に入れるのは、上司や得意先を説得するための「1枚企画書」だ(図1)。このような文書は、PowerPointが最も得意とするところ。訴求力満点の文書を短時間で作成できる。

図1 「1枚企画書」は、用紙1枚に図形や表、写真など、いろいろなパーツを盛り込んで、企画の全体像をわかりやすく説明したもの。この手の文書作成は、パワーポイントが最も得意とする
[画像のクリックで拡大表示]

 企画書作りのポイントは、大切なことを要領よくコンパクトにまとめること。ダラダラと長文の文書を作っても、相手は見向きもしない。図表や写真を効果的に使って、主な内容が一目でわかる書類に仕上げるのが理想だ。

 実作業を手際よく進めるために、事前に大まかな配置計画を立てておこう(図2)。ここでは用紙を4つのブロックに分け、企画概要、料金設定、現地イメージ、実施計画の4要素をまとめていくことにした。行き当たりばったりで、個別の要素を作るより、このほうがはるかに作業がはかどるはずだ。

図2 1枚企画書では、スライドを数ブロックに分けて、企画の趣旨や図解を盛り込むのが鉄則。ここでは4つのブロックに分ける
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら