プロバイダーなどの「味方」が迷惑メール対策のために頑張っているのは分かっていただけただろう。とはいえ、対策によって減っているとしても、迷惑メールは相変わらず送られてきて、多くのユーザーを苦しめている。「味方」に任せるだけではなく、ユーザー自身も闘う必要がある。そこで第3部では、手軽にできる対策をいくつか紹介する。

 まず、最も重要なのは「心がけ」だ(図1)。第1部「これがやつらの手口!」で解説したように、迷惑メールがなくならないのは、広告として機能しているためだ。ユーザーとしては、迷惑メールで宣伝されている物やサービスを購入しないことが何よりも大事。もし、家族や友人が購入しようとしていたら、やめるよう諭してほしい。

図1 迷惑メールの撲滅には、迷惑メールで買わないこと、迷惑メールの踏み台(ボットネット)にならないことが第一。迷惑メール業者に自分のアドレスを知られないようにすることも重要だ
[画像のクリックで拡大表示]

 迷惑メールの発信源にならないことも重要。セキュリティ対策ソフトを利用する、ソフトウエアの脆弱(ぜいじゃく)性を修正する、信頼できないファイルは開かない、といったセキュリティ対策が不可欠だ。

 迷惑メール業者などにメールアドレスを知られないようにすることも、予防策として大切。具体的には、迷惑メールを開かない、リンクをクリックしない、メールアドレスを安易に登録しない、などが対策となる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら