一般的なPCケースを横倒しにして設置しても、大きな問題は生じない。マザーボードや電源は横置きでも全く問題はないし、HDDも外付け製品を想像すれば分かるように、しっかり固定されていれば縦でも横でも問題は起きない。光学式ドライブも横置き用の「ツメ」がトレイにあり、ディスクを引っかけて挿入できる。

側面が平らなケースなら、横倒しに置いても特に問題はない。ファンが付いているケースではそちら側を上面にする必要がある。
光学式ドライブのトレイ部分には横置き用の「ツメ」が用意されている。ディスクを載せるとぐらぐらするが、動作時はきちんと固定されるので問題ない。

 ケースは、曲面になっていたり、ファンがある面を下側にしなければ問題ない。ただし通常の置き方とは違い、「脚」が存在しないため、振動が直接伝わることで余計な騒音やHDDへの悪影響も考えられる。オーディオ用の振動吸収グッズや耐震用のゴム脚を利用すると安心だ。

横置きにすると床の振動が直接伝わってしまうため、写真のような耐震用のグッズを使ったり、オーディオ用のゴム脚などを付けたりするとよい。
出典:日経WinPC 2009年2月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。