現在主力のマザーボードなら、グラフィックスボードを挿せるPCI Express x16スロットを2本以上搭載している。もし手元に対応するボードが2枚あったら、取り付けてみたくなるのが人情だ。SLIやCrossFireXといったスピードアップの機能は使えなくとも、マルチディスプレイの機能は使える可能性が高い。とはいえ、余りもののボードともなれば、ボードの種類はおろか、搭載チップのメーカーすら違っている可能性が高い。AMD(ATI)とNVIDIAのチップが混在している場合は、問題なく動くのだろうか?

PCI Express x16スロットを2本装備するマザーボードに、AMDとNVIDIAの両方のボード装着して、動作するのかを検証した。使ったグラフィックスボードはAMDの「ATI RadeonHD 4650」(右)とNVIDIAの「GeForce 8600 GT」(左)を搭載。マザーボードは「P5Q Deluxe」(ASUS TeK Computer)と「GAEP45-UD3P」(GIGA BYTETECH NOLOGY)で試した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら