磁力を使ってデータを読み書きするHDDは、外部の磁力による影響を受けやすい。もしも磁石を動作中に当ててしまったらどうなるのだろうか?

 一般的なU字型の磁石と、強力な希土類磁石を、それぞれ動作中の3.5インチHDDと2.5インチHDDに当ててみた。USBアダプターを使って、むき出しのHDDをUSBケーブル経由でPCと接続。HDDの容量いっぱいに画像ファイルを保存し、Windows Vistaの「スライドショー」を実行中に2種類の磁石を当てた。U字型の磁石はどちらも動作に影響がなかった。磁石を当てたままの状態で、スライドショーは止まることなく動作し続けた。エクスプローラでHDD内の画像をサムネイル表示にしても、壊れたサムネイルが表示されることはなかった。

写真のようなU字型の磁石や、幅4センチ強、厚さ3ミリ程度の板状の強力な希土類磁石を動作中のHDD上面に当ててみた。OSにはWindows Vistaを使用。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら