買って間もないVista パソコンなのに、起動に時間がかかる──。そう感じている人は多いだろう。実は、Vistaには常駐するソフトや機能がたくさんあり、Windowsと同時に起動して常に動作している。

 いずれも負担の少ない機能だが、数が多いため、パソコンの起動や動作を遅くする原因になる(図1)。使わない場合は無効にしよう。ここでは、常駐ソフトや機能を止める方法を紹介する。

図1 Vistaには、OSの起動と同時に立ち上がる細かい常駐ソフトや機能が大量にある。その中には、通常のユーザーには一切必要ないものも少なくない。これらをまとめて止めてしまえば、パソコンの起動を速くできる

 まずは、Vistaを起動するたびに開く「ウェルカムセンター」を止める(図2)。これは、購入したパソコンを最初にセットアップするときに利用するもの。「コンピュータの詳細を表示します」「新しいユーザーを追加します」といった機能を素早く呼び出せる。ただ、一度パソコンをセットアップしてしまえば、以降は必要ないので、開かないようにしよう。

図2 パソコン起動時に現れる「ウェルカムセンター」は、「起動時に実行します」のチェックを外す

 手順はとても簡単。画面左下にある「起動時に実行します」のチェックを外して、ウインドウを閉じるだけだ。これで次回の起動から、ウェルカムセンターの画面が表示されなくなる。

 再度、この画面を表示させるには、コントロールパネルで「システムとメンテナンス」→「ウェルカムセンター」の順にクリックすればよい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら