「Twitter」とは、米ツイッターが提供するブログに似たWebサービスです。2006年3月に始まり、爆発的に利用者を増やしています。Twitterに続こうと、「Twitter系」とも称される似たサービスも相次ぎ始まりました(図1)。

図1 米国発のサービス「Twitter」。このTwitterがブレイクしたのがきっかけで、他社も同様のサービスを次々とスタートさせた。「Twitter系」などと呼ばれる新しいジャンルが形成されつつある。日本人の嗜好に合うように独自の特徴を打ち出した国内サービスも数多い
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも“twitter”とは、「鳥がさえずるようにぺちゃぺちゃしゃべる」という意味。具体的には、1行程度の文章を次々と書き込んでいく自分専用の雑記帳です。その瞬間に見たり聞いたり体験したりした出来事を、独り言をつぶやくように書き、リストとして残しておくことができます。つぶやき続ければ自動的に日記が出来上がるわけです。Twitterは携帯電話からも利用できます(図2)。

図2 ログインすると、自分専用のページが現れる(左)。そのときに見聞きした出来事などを書き込んでいくと、その文章が画面下部に時系列にリスト化されて並べられていく。招待した別のユーザーの書き込みもリストに加えられるため、たわいもない独り言を仲間内でつぶやき合って楽しむのが受けている。携帯電話に対応しているのもポイント(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブログの簡易版といえるため、「ミニブログ」と紹介されることもあります。ただ、招待した別のユーザーの独り言もリストに加えられる点が、ブログとの違い。仲間内でその瞬間の出来事を、気軽に知らせ合って楽しめるのです。

 “気軽に”という点が人気の最大の秘密といえます。ブログはプロの書き手が急増し、文章の苦手な一般人には敷居が高くなりました。SNSは書き手が特定されやすく「踏み逃げ禁止」をうたって強制的な交流を強いられることもあります。その点Twitterは、メールやメッセンジャーのように返事を書く必要もなく、いわば1行の書き逃げでOK。ゆるいコミュニケーションができます。

 最近は、有志の手によってマッシュアップする動きもあり、楽しさの面でも魅力が増しています(図3)。

【“マッシュアップ”で驚くようなサービスも】
図3 「Twittervison」はコメントを書いた瞬間に画面の地図がユーザーの所在地近辺にジャンプ、コメントをポップアップ表示する。Twitterが公開している「Web API」を利用して、Googleマップとマッシュアップしたものだ

出典:日経パソコン 2008年2月25日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。