2009年が明け、お正月気分もそろそろ終わる時期、忘れてはならないのが「確定申告」だ。サラリーマンなら去年のうちに年末調整が済んでいるが、例年、還付金の申告などで自ら確定申告をしている人も多いだろう。一方、個人事業主にとっては、2008年(平成20年)分の収支をまとめる大切な仕事である。

 確定申告の手続きは、専用の用紙に記入し、住民票がある地域の所轄税務署へ持参するのが基本だ。しかし、ふだんからネットを上手に使っている皆さんなら、「e-Tax」(イータックス)による電子申告に切り換えてはどうだろう。

 1~3月は、年度替わりに向けて、通常業務そのものも多忙な時期。その点、電子申告なら、忙しい日中に税務署へ出向いたり、長蛇の列に並んだりする必要がない上に、2009年3月16日までの期間限定ではあるが、税制面でのメリットもある。具体的には、「5000円の特別還付を受けられる」「添付書類の提出を省略できる」「還付金を早く受け取れる」といった嬉しいメリットだ(詳細は「電子申告のメリット」を参照)。

 そこでこの記事では、医療費控除などの還付金申告をするサラリーマンを主な対象として、電子申告に必要な準備や注意事項などをまとめた。

 すでに電子申告について知っている人は、今回の申告に向けた具体的な作業について記載した「事前準備はダンドリよく進めよう」から読み始めてもよいだろう。一方、電子申告が初めての人は、全体を通じて読むとよい。そうすれば、作業計画を立てたり、機器やパソコンの準備を効率よく進めたりできる。例えば、昨年度の電子申告の流れを画面で紹介した「体験&練習してみよう」では、電子申告の操作を擬似体験できる。この記事を参考に、連休などの週末を上手に利用して平日の作業負担を減らしながら、ぜひ電子申告をしてみよう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら