RAIDは複数のHDDを使い、システムが複雑になるため、従来とは違ったトラブルに遭遇することがある。対応を誤ればRAIDによって保護されていたデータを消失しかねない。RAIDの構築、運用時のトラブルに対応について解説しよう。

 RAIDボードや複数のHDDを使ったシステムでは、従来とは違ったトラブルに遭遇する。HDDを単体で使う場合に比べて、HDDが故障する確率が高まり、データの読み書きの処理も複雑になるためだ。RAIDの構築で遭遇しやすいトラブルを実際に再現し、解決策方法を見ていこう。

OSのインストール失敗やHDDが認識されないことも

 RAIDでは、OSのインストール時にトラブルが発生することがある。今回、RAIDを構築するために、マザーボードに接続できる最大限の6台のHDDを接続した状態で、OSをインストールしたところ、OSのインストールに失敗した。

 Windows XPでは、OSのインストール途中で止まってしまい、インストールを完了できなかった。Windows Vistaの場合は、インストールの途中で再起動がかかった直後、HDDにコピーしたデータを読み出せなくなった。このためVistaをインストールする最初の段階と同様にインストール用DVDから読み出す処理が始まった。いずれの場合も、OS用のHDD1台だけを接続した状態にして、再度インストールすると問題なく完了した。

 

●6台のHDDを接続した状態ではOSをインストールできない
マザーボードのSATA1~6ポートにすべてHDDを接続した状態でOSをインストールしようとすると、トラブルが発生することがある。OSはHDDを1台だけ接続した状態でインストールした方がよい。

Windows XPの場合、ドライバーの組み込み後に黒画面となり、インストールが先に進まない。
Windows Vistaの場合、途中の再起動の後、インストールの最初の段階に戻ってしまう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら