1台のパソコンを複数の人で使っていると、ほかの人にファイルや「お気に入り」などがのぞかれないか心配、という人もいるでしょう。そんなときも外付けHDDが活躍します。

ほかの人に“見えない”フォルダに隠す

 パソコン内蔵のHDDではなく、取り外せる外付けHDDを自分専用のデータ保存場所として使えば、プライバシーを守れます。ここではさらに、見られたくないデータを一つのフォルダに集め、フォルダごと見えないように隠してしまう方法を紹介します(図1~図4)。

 これなら外付けHDDをパソコンにつないでも、ほかの人にはそこに重要なデータが隠されていることはわかりません。

フォルダを隠す


ファイルとフォルダの神隠し
作者:なっちゃん氏
http://onegland.hp.infoseek.co.jp/

※画面は記事執筆時の情報に基づいており、旧版のものを使用しています。現在は「ファイルとフォルダの神隠しII」をダウンロードすることができます。

図1 作者のホームページを開き、「ファイルとフォルダの神隠し」をクリック。ソフトをダウンロードする。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ダウンロードしたフォルダを解凍して、「Invisible」というアイコンをダブルクリック。確認画面では「了解」をクリック。次に、隠したいフォルダを、「ファイルとフォルダの神隠し」のウインドウへドラグすると(1)、フォルダが見えなくなる(2)。再び見えるようにするには「Invisible」を起動して「全解除」をクリックする(3)。[注]
[画像のクリックで拡大表示]

[注]これ以外の操作では隠したフォルダを表示することができません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら