DVDの容量は4.7ギガバイトと規格で決まっている。ところが、4.5ギガのデータを保存しようとすると、「十分な空き容量がありません」と表示されてしまう(図1、図2)。

図1 容量が4.5ギガバイトのデータ。DVDの容量は4.7ギガなので、1枚のディスクに十分収まるはずだが・・・(→図2)
図2 DVDに書き込もうとすると、「127MBオーバー」と表示されてしまった。この原因は?
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、DVDディスク上とパソコンのOS(Windows)上で容量の計算方法が異なることが原因。DVDディスクでの1ギガは1000×1000×1000バイトなのに対して、パソコン上では、1024×1024×1024バイトとして計算される。DVDディスク上での4.7ギガをOS上の計算方法に当てはめると、4.37ギガになる(図3)。つまり、DVD1枚に保存できるデータは、パソコン上の表示で4.37ギガ以下になるわけだ。

図3 DVDディスクでは1000ごとに単位が繰り上がるが、パソコンのOS(Windows)上では1024で単位が繰り上がる。DVDの容量4.7GBはパソコン上では4.37GBとなる

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら