DVD-Rは現在、1枚当たり65円ほどで売られている。3年前は1枚300円が相場だったので、かなりの値下がりだ。

 これは日本製DVD-Rの値段で、台湾製はさらに安い。1枚20円前後で、50枚で1000円強で手に入るものもある(図1)。だが、格安のDVD-Rで心配なのは、せっかく保存したデータが、後で読めなくなってしまうこと。そうなってからでは、後の祭りだ。大事なのは安さより、長期間保存できる耐久性なのだ。

図1 現在ショップで販売されている格安の台湾製DVD-R6製品と、TDKの「超硬」で耐久性テストを実施した。8倍速対応と16倍速対応の製品が混在しているが、実際のテストでは8倍速でデータを書き込んだ。そのため、16倍速対応ディスクにとっては多少優位な条件になっている。なお、単価は10枚より50枚単位でのほうが安くなり、またケース入りなら高くなるため、絶対的なものではない
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら