データの受け渡しやバックアップ、コンテンツの収録・再生と活躍の場が多い光学ディスク。もはやパソコンにとって欠かせないアイテムだ。ただ、記録したディスクが別の環境で読み出せないなどトラブルは日常茶飯事。扱いがこれほど難儀なメディアもない。そこで本特集では“焼き”に関するテクニックから、便利な活用法までを一気に紹介する。ぜひ役立ててもらいたい。

出典:日経パソコン 2008年7月14日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。