音楽CDと同様、DVD-Videoの仕様も特殊である。ハードディスクにある動画ファイルをそのままデータDVDに焼いても、家庭用のDVDプレーヤーでは再生できない。

VIDEO_TSやら何やら

 DVD-Videoの仕様では、映像はMPEG-2またはMPEG-1形式、音声はPCM形式あるいはドルビーデジタル(AC-3)形式とファイル形式を定めている。フォルダー構造も決まっている。市販のDVD映画などをエクスプローラで開くと、「VIDEO_TS」「AUDIO_TS」などのフォルダーで映像/音声ファイルが整理されているのが分かる。

 これはBDの映像タイトルでも同じ。BD-Video(正式にはBD-MV)という仕様が細かく定義されている。

 ユーザーが上記のような仕様をきちんと満たすのは難儀だ。そこで活用したいのが映像編集ソフト。DVカメラからの映像取り込みやシーンの編集、そしてDVD-Video作成まで一気通貫でできる。一般的なライティングソフトを使わず、映像編集ソフトでの作成結果を記録する点が音楽CD作成と大きく違う。

 最近のメーカー製パソコンならたいていはこの手の映像編集ソフトが標準で付属している。だがWindows Vista のHome Premium版またはUltimate版に付属する「Windowsムービーメーカー」ではDVD-Video作成ができるようになった。このソフト例に、DVカメラの映像を取り込んでDVD-Videoを作成する手順を見ていこう。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら