1日目はポイント(1)、(2)で、数式を入力して計算する方法をおさらいします。ポイント(3)では、ボタンで簡単に入力できるSUM関数の使い方を紹介。ポイント(5)、(6)で、基本的な関数の数式の作り方を学びます。

◆ ◆ ◆

ポイント(1)数式を入力して計算する

 最初に、加減乗除の入った数式を入力して、計算結果を表示してみましょう。どこかのセルをクリックし、半角で「=」を入力します。「=」は、これから数式が始まる、という合図です。続けて数式を入力します(図1)。数式は、必ず半角で入力することを忘れずに。入力が終わったら「Enter」キーを押すと、セルに入力した数式は消え、図2のように計算結果が表示されます。このとき数式バー(エクセルで、セルに入力されているデータを表示する小窓。ツールバーの下にある。)を見ると、入力した数式が表示されていることがわかります。

図1 計算結果を表示するB2セルをクリック。「=」を入力し、続けて「7*5+40/4-10」と数式を入力(1)。最後に「Enter」キーを押す(2)。
図2 計算結果が表示された。もう一度B2セルをクリックすると、数式バーに先ほどセルに入力した数式が表示されているのがわかる。

 なお、エクセルで使う計算記号は下図のように、「×」が「*」、「÷」が「/」となりますので、注意してください。

エクセル計算ではこの記号を使う
3_spx500.jpg
3_spx500.jpg

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら