たけむら・しんいち:1959年生まれ、文化人類学者。東京大学大学院文化人類学博士課程修了。20代には世界70カ国を踏破した。地球視点で生命、環境、文化などを研究する「人間学」を構想する一方で、情報技術を活用した多数のプロジェクトをプロデュースする。Web作品「Sensorium」(1996年)、デジタル地球儀「触れる地球」(2002年)、地域情報システム「どこでも博物館」(2005年)など。現在、京都造形芸術大学教授。各種プロジェクトを推進するNPO法人「Earth Literacy Program」の代表も務める。(撮影:稲垣 純也)
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本で発生した津波は太平洋に広がり、南米まで到達します。逆に、南米チリで起きた津波も日本まで到達するのです」。直径80センチのデジタル地球儀「触れる地球」に津波の広がる様子を映し出しながら、竹村真一氏は説明を続ける。「けれども、これを不安なデータだとばかり考えないでほしい。数十年おきに大津波が繰り返されていることが分かっているなら、きちんと対策をして被害を最小限に抑えることができるはずです」。

 東京・世田谷区立砧南小学校で行われた特別授業の一コマだ。地球温暖化のシミュレーション、プランクトンの分布と渡り鳥の移動、台風の発生メカニズムなど、さまざまなコンテンツが映像で示され、児童たちは食い入るように地球儀を見つめている。「平面の地図、日本だけを切り取った地図では分からないことがある。地球を丸ごと見る視点を養ってほしい」というのが、この日の授業の狙いだ。

2013年11月、東京・世田谷区立砧南小学校での「触れる地球」授業風景。地球温暖化、リアルタイムの雲の動きなどの講義に、小学校6年生が聞き入った
[画像のクリックで拡大表示]

プランクトンの発生と渡り鳥の移動を示したコンテンツ。南極周辺のプランクトン(赤い部分)が豊富な時期に、北半球から渡り鳥が飛んで来た軌跡(白線)を示している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら