こまつ・ともき:1989年秋田県生まれ。東北大学大学院情報科学研究科システム情報科学専攻修士1年。中学生のときに、ゲームを作りたくてプログラミングに興味を抱く。C言語の基本を1年ほど勉強したものの、ゲームを作るに至らず挫折。大学に入り研究室に配属されてからコンテストの存在を知り、本格的にプログラミングを再開した。以後、個人やチームで「Google Code Jam」「ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト(ACM-ICPC)」などのコンテストに参加している。(撮影:阿部 勝弥)
[画像のクリックで拡大表示]

 大スクリーンに映し出されたゲーム画面。数字が書かれたブロックが落ちて、画面内のブロックが「連鎖」で次々に消えると、観客が大きくどよめいた──。1月に開催された「学生プログラマ日本一決定戦 CODE VS 2.0」(関連記事)の1コマだ。CODE VS 2.0は、主に学生を対象にしたプログラミングコンテスト。小松智希氏は、その優勝者だ。

 CODE VS 2.0では、画面上部から落下するブロックを操作する、いわゆる「落ち物ゲーム」がテーマ。次々と現れるブロックをどう組み合わせれば高得点を得られるか、本来なら人間が判断する部分を参加者がプログラムする。予選で高得点を得た参加者が決勝戦に進出。決勝戦ではほかの参加者が作ったプログラムとゲームを通じて「対戦」する。「競技プログラミング」の舞台となるこうしたコンテストは、世界規模でも多数開催されている。

「学生プログラマ日本一決定戦 CODE VS 2.0(コードバーサス2.0)」は2012年12月から予選を開始。参加者は約500人。2013年1月19日にドワンゴが運営するイベント会場「nicofarre ニコファーレ」で決勝戦を開催した。参加者がコンテストに提出するのはゲームの操作に相当するプログラム。対戦はニコニコ動画の「ニコニコ生放送」でも中継された。視聴者が4万人を超えるなど盛況だった
[画像のクリックで拡大表示]

プログラム同士が「対戦」している間、プログラマーは見守るしかない。小松氏(写真右)は「tek1031」として参加。決勝戦では、対戦相手の「altocolony」氏(写真左)と画面を見つめた。会場を囲む巨大スクリーンには、ニコニコ生放送を見ている人たちからのコメントが流れる。こうした派手な演出のあるプログラミングコンテストは珍しい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら