こーど・こーど:東京大学で研究生活を共にした女性博士7人で構成するグループ。工学を軸に多様な領域の研究者が集う。2009年12月から活動を開始。写真前列左から、代表の橋田朋子氏、上岡玲子氏、中島佐和子氏、後列左からキム・ジョンヒョン氏、ソン・ヨンア氏、久保友香氏、大谷智子氏
[画像のクリックで拡大表示]

 東京大学工学部。圧倒的多数を男性が占める“男の園”に、女性同士の明るく軽やかな話し声が響くことがある。CHORDxxCODEの活動日だ。

 代表の橋田朋子氏は、東京芸術大学を卒業後、東京大学に籍を置いた研究者。研究室などで発言を始めると「“それは違うのでは”“新規性はあるのか”と、ロジックを直されることが多い」(橋田氏)と感じた。

 そこで恋しく思ったのが、女性同士のおしゃべり。出された意見を“そうだよね”と認め合いながら、会話を深めていく。こうした「女子らしい共感の場が欲しくて周囲に声をかけた」(橋田氏)ところ、情報学、環境学、心理学などの研究者が集結。女性的感性(CHORD)と論理的思考(CODE)の融合による新たなもの作りを目指し、エンジニアリング・サロンを発足した。

 おしゃべりの場では、たわいのない内容でも躊躇なく発言する。「新規性は?と問われると言葉にならないが、何となく新しいことって割とある。そこに共感していくうちに、ほかにないものが生まれる」(橋田氏)。初の作品「Fruit Plotter」は、本をただせばメンバーの1人の“イチゴを腐らせた”というエピソードから生まれたものという。

「Fruit Plotter」は、食材を視覚でも楽しめる情報に変えるディスプレイシステム。ドライフルーツの粒を画素に見立て、ゼリーなどの上に任意の模様を描く
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら