みやけ・たく:2005年に東京医科大学、2012年に同大学眼科大学院卒業。現在は東京医科大学病院/永田眼科に非常勤眼科医として勤務する傍ら、トータルヘルスケアを手掛けるGift Handsの代表を務める。病院等へのiPad導入のコンサルテーション、視覚障害者向けセミナー、産業医活動などに取り組む。Webサイトはhttp://www.gifthands.jp/
[画像のクリックで拡大表示]

 目にどんな症状があるか、なぜ手術が必要か。限られた診療時間の中で明快に説明するには、図が便利。だが、眼科の患者に細かな図は見にくい。

 眼科医としてジレンマに悩んでいた三宅氏は、試みにiPadを使ってみた。2本指でさっと図を拡大し、要点を説明する。患者からは感動の声が相次いだ。見える自信が持てたこと、手術の意義が理解できたことで、治療への意欲が高まるのが分かった。

 iPad 2でカメラが搭載され、有用性をさらに確信した。「医療では救えない、病院に来ない人たちの役に立ちたい」と、思い切って勤務先を退職。視覚障害者のための施設を回り、話を聞いて歩いた。そして「眼科医には絶対に気付かないニーズに出会った」。

 例えば、ある弱視(ロービジョン)の人は「ご飯を見たい」と言う。「目隠しして食事をすると味が分かりにくい。人は“記憶を食べている”のだ」と改めて認識した。食べ物がはっきり見えなければ、味わうことも難しいのだ。

フレキシブルアームとiPadを組み合わせた「卓上拡大器」。机の上に置いたものを拡大して見られる

iPad に取り付けて使う、独自開発の読書用拡大レンズも販売している

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら