みつい・こういち:1966年生まれ。新聞社の出版写真部を経てフリーに。インターネット黎明期より写真やビデオ映像を使用したWebコンテンツに関わる。2010年6月と8月に、iPhoneで撮った写真で個展を開催。同年10月にスペインで開催した企画展「iPhoneografia」で、世界のiPhone写真家の中から選ばれた6人のうちの1人になる。Webサイト上のフォトレポートや雑誌、広告などで活躍中。(撮影:陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

 「iPhoneography」──アップルのスマートフォン「iPhone」と、写真を意味する「photography」を組み合わせた言葉だ。フォトグラファー・三井公一氏は、その言葉が生まれる前からiPhoneをカメラとして使い込んできた先駆者の一人である。ブログで毎日公開する写真は、もうすぐ1000枚になろうとしている。iPhone写真の個展も既に2度、開催した。

 もともと携帯機器もアップル製品も大好き。2007年、iPhoneが発表されたときに「これはすごい」と感嘆し、発売と同時に入手した。それまでも携帯電話で写真を撮り、写真共有サイトに公開していたが、この時以来、撮影機はiPhoneに変わった。

 カメラとしてのiPhoneの良さは、シンプルさだという。「起動してシャッターを押すだけ。余分な機能が一切ないから、撮影に集中できる。豊富な画像アプリを使って、手軽に、かつ自在に味付けできるのもいい」。

 オートフォーカスに対応したiPhone 3GSからはいっそう本格的に撮るようになり、すっかりのめり込んだ。今では仕事の半分をiPhoneでこなしている。「iPhoneはスナップ写真に最適。構えても怪しまれないしね。いいなと思う光景は必ず撮る」。

大のデジタル機器好き。最新のiPhone 4Sをはじめ、iPhone 4/3GSをカメラとして使用する。300万画素の3GSはフィルムカメラで撮ったような味わいがあり、一番気に入っている

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら