この数年、数あるカメラメーカーの中でひときわ異彩を放つのが、ペンタックスだ。100色を超えるカラーバリエーションをそろえた一眼レフ「K-x」「K-r」、カメラ全面にブロックを取り付けられるコンパクト機「Optio NB1000」、著名アーティストとコラボレーションした着せ替えコンパクト機「Optio RS1000」……。ともすると、似たような製品ばかりになりがちなデジカメの世界で、デザインもコンセプトも個性的な機種を相次いで投入している。

 そのペンタックスが満を持して発売するのが、超小型のミラーレス一眼「PENTAX Q」である。小型機種がそろうミラーレス一眼の中でも、圧倒的に小さい、文字通りの手のひらサイズ。それでいて、その質感は、他のデジカメよりも「カメラっぽい」。デジタル好き、カメラ好き、モノ好きの目を引きつける個性がある。このカメラはどのように企画されたのか。開発陣に話を聞いた。

「PENTAX Q」は8月31日発売。幅98mm×高さ57.5mm×奥行き31mm、重さ200gの手のひらサイズ。撮像素子は1/2.3型の裏面照射CMOSを採用する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら